カテゴリ:読書( 3 )

『アンダーグラウンド』

先日、『1Q84』BOOK3が発売され話題になってました。
私は、まだ読んでいませんが3月中旬頃 図書館で予約しました。
95番目・・・。はぁ〜 いつ読めるのかしら。


ただいまBOOK1・2を読み終えた状態。


この物語に登場する『さきがけ』という宗教団。
オウム真理教の地下鉄サリン事件後、村上春樹氏が事件の被害者にインタビューしたものが『アンダーグラウンド』。
そしてその本を出した後、オウム信者にインタビューした『約束された場所で』。
一説によると、このオウム関連の取材によって 村上氏は強く感じるものがあったそうで
遠い将来、もしかしたら題材になることもあるかも・・・とういうようなことをおっしゃっていたそう。

なので、『さきがけ』=『オウム』という訳ではないけれど 何か『さきがけ』を知る手掛かりになるかなぁと
思ったのと、『アンダーグラウンド』はとっても分厚い文庫本でちょっとやそっとじゃ読み終えないかな・・・
と魅力を感じ購入。


この本で筆者が最初に述べているんだけど、確かにその当時 事件の詳細はTVから流れてくる一方的な情報のみ。
実際にどういうことが起こっていたのか色々な角度からはわからなかった。

まず、この本を読んで思ったのは 被害者の多くは電車の車両の中や駅のホーム等でサリンを吸い込んだせいで
瞳孔が縮み 明るいところにいても周りがうす暗く感じたり頭が朦朧としているのに
前日ちょっと無理をしたせいかな?とか年齢のせいかな??という風にあまり自分の状態が変だと思わない。
そして、とりあえず何とか会社に出勤しようとする。勤勉な日本人ならではなのか。

被害に遭った方々の中には その日たまたまいつもより早く或いは遅く電車に乗ったため・・・という方も少なくない。
もう15年も前のことなのに 電車に乗るのが少し怖くなった。
電車(地下鉄)に乗った際、その時の情景を想像してしまうのです。


何の関わりもないのにあまりに突然犠牲になり この世から去らなければならなかった方々。
いったい何が起こっているのか きっと分からないままだったと思う。
とても苦しまれた方もいらっしゃるという。
残された家族の憤りははかり知れない。
もしも、自分が残された家族の立場だったらと置き換えると 涙が止まらなかった。
よくぞ、こんな非道なことが出来るものだと改めて怒りを覚えた。

どうしてこんなことが組織的に行われたのか・・・オウムって??
当時の記憶を思い起こしてみると よくワイドショーなどで取り上げられていたと思う。
そんなに取り上げられていたのに 事件を防ぐことはできなかった。


被害者側のインタビューを読んでいくうちに 対局側にある信者のインタビューも読みたくなった。
実行犯のインタビューは無いにせよ、組織はどのように動いていたか分かるかもしれない。

そう思い、『約束された場所で』を読んでみました。
[PR]
by breaktime0603 | 2010-04-27 16:57 | 読書

『スープオペラ』

さくさくっと読めました。
阿川佐和子さん著書『スープ・オペラ』
これまた、ラブレターさんの影響です
d0257440_13121061.gif

ラブレターさんのご主人と似てる登場人物がいるということで 即図書館へ
d0257440_13121025.gif


今年の秋、映画化されるんですね!主人公のルイは坂井真紀ですって。

 ルイは35歳の独身女性。母親とは産まれてすぐ死別。父親は一人で育てられないと家をでていってしまった。
 世田谷の古い一軒家で叔母であるトバちゃんと暮らしている。

 ある日、トバちゃんが大志を抱く医師との恋に堕ち、彼とともに旅立っていく。
 一人暮らしを始めたルイは ひょんなことで60歳を過ぎた何故かモテるトニーさんと
 友人に誘われて行った食事会で出会った康介と一緒に暮らすことになる。

 3人の生活を始めるにあたり、取り決めた契約の中の1つ 「食事当番は、かならず一日に一品スープを加えること」
 スープが好きだという一点で結ばれている3人。
 3人での生活とそれぞれの関わりある人々が織り成す 心あたたまるストーリー。


ルイと康介のファジーな関係・・・ 昔だったらくっつくの?別れるの?どっち!?って
白黒つけたい気持ちになっていたと思うけれど こういうのもありかなって思えたのは歳をとったせいかなぁ
d0257440_131287.gif


あと、トニーさんの優しさ。これはモテるよね〜。
こういう父親的な優しさに私はかなり弱〜い。でも、根なし草的みたいな感じはダメ
d0257440_13121085.gif



几帳面で関心するほど人に気を遣う男性だと思っていた康介が、一緒に住みはじめて違う一面がちらほら・・・。

 些細なことで怒りだし、すぐ機嫌を直す。
 気分屋さん。人の話をいい加減に聞いてる。
 人が話しているところに割り込み、その後中断した話は聞かない。

これは、うちの主人にも言える部分あるよ〜
d0257440_1312660.gif

やっぱり、家だと素の自分が出るんだろうね。
いいんだか悪いんだか・・・ね。

ラブレターさんのご主人はこの部分が似ているそうな。
男の人って 結構こんな感じの人多いのかな。


あと、登場人物の中に小説家がいて その小説家は外から見たら横暴で奥さんを虐げてるように見えるんだけど
実は、奥さんがいないと全く小説が書けない・・・って。ちょっと笑えた。
人って、外側だけじゃ分からないよね。
特に夫婦の形って 当人同士じゃないと分からないこと多いな。


初めて阿川佐和子さんの本を読んだけれど、すんなり楽しく読めました。
自分だけでは、選べなかった本です。












 








 
[PR]
by breaktime0603 | 2010-04-09 20:03 | 読書

食堂かたつむり

映画で上映されている 『食堂かたつむり』
本屋さんで何気なく見つけたのでランチタイムに読もうと購入
d0257440_1312792.gif


 ある日、主人公がアルバイトを終えて部屋に帰ってみると 部屋の中はもぬけの殻。
 インド人の彼が荷物をすべて持ち去っていなくなっていた。
 10年前に 母親との暮らしが嫌で家を出てきたが、行くあても無く故郷に戻る。
 そこで、始めた一日一組のお客様をもてなす食堂と母娘の関係。

普段なにも考えずに(どちらかというと 仕方なく)お料理
d0257440_1312538.gif
をしていますが、
この本を読むと もっと丁寧に食材を扱ったり気持ちを込めて作りたいな・・・と思わせられました。
食べてもらうことで人を感動させられたり、やさしい気持ちにさせることができたら素晴らしいなぁ
d0257440_1312758.gif



最近、人との関係でちょっと疲れていたので
d0257440_1312751.gif
 この本を読んで穏やかな気持ちになれました。

映画は、観ていませんがどんなお料理なのか映像で見てみたいなー。
[PR]
by breaktime0603 | 2010-02-23 11:05 | 読書